関連情報

関連情報

金属サイディングを正しく取り扱うためには(設計・施工者向け情報)

不具合事例 No.9
補修塗料を正しく塗るためには②

どのような状況?

釘頭のタッチアップをメーカー指定の補修塗料で行ったが補修塗料を塗りすぎたため、かえって目立ってしまった。(写真上部)

発生させないためには?

釘頭より大きな範囲でタッチアップをすると、タッチアップした箇所が目立ってしまうことがあります。釘頭のみをタッチアップしてください。(写真下部)

不具合事例 No.9