金属サイディングの特徴

金属サイディングの特徴

金属サイディングとは

金属サイディングは、柄付けされた金属板と断熱効果のある裏打材によって構成された外壁材です。
一貫した製造ラインで工場生産され、仕上がりが均一、塗装仕上げが不要で、軽量で断熱性に優れ、省エネ効果があります。
また、他の外壁材で起こるひび割れ・凍害の心配がありません。
金属サイディングの外壁を使用することにより、大幅な工期短縮を図ることが出来ます。

金属サイディングとは

表面材には以下4種類いずれかの塗装金属板が使用されております。

  • ・塗装ガルバリウム鋼板※
  • ・塗装溶融亜鉛めっき鋼板
  • ・アルミニウム合金塗装板
  • ・塗装ステンレス鋼板

塗装ガルバリウム鋼板※

ガルバリウム鋼板※とはアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板のことで、アルミニウムを55%含んだめっき鋼板です。アルミニウムの耐久性と亜鉛の犠牲防食作用を併せ持つ優れた鋼板で、従来の亜鉛めっき鋼板と比べて数倍錆びにくいと言われています。

塗装溶融亜鉛めっき鋼板

塗装溶融亜鉛めっき鋼板は、溶融亜鉛めっき鋼板に、焼付け塗装をほどこしたものです。

アルミニウム合金塗装板

加工しやすく、錆にもとても強い材料です。何よりも軽量なので、建物への負担が少なくてすみます。

塗装ステンレス鋼板

塗装用原板に優れた耐食性を持つステンレス鋼板を使用しています。非常に錆びにくく耐久性も良く加工しやすい材料です。