日本金属サイディング工業会について

日本金属サイディング工業会について

ご挨拶

日本金属サイディング工業会は、昭和51年に金属サイディング製造業者の業界発展を願う合意によって設立された団体です。

住宅に限らず建物の外壁は、人間が安全で健康的な生活を送ることの出来る環境を創り出すためのもの、つまり、雨・雪・風等自然環境に対する防御や外気温の遮断、さらに火災の延焼防止などの安全確保上重要な機能を持ったものでなければなりません。
それら外壁材の中で、施工性や意匠性、さらに断熱性や防火性等々にすぐれた特徴を持つ外壁材が金属サイディングで、金属板を単に成形加工しただけではなく、それに裏打のしん材の付加、表面加工、接合部加工等を施した乾式工法用の複合外壁材であり、個人住宅から店舗、そして大型建築物まで、幅広く使用されております。

近年では、2011年以降相次ぐ大震災により金属サイディングの耐震性の良さが見直されて需要を伸ばしており、また今後のゼロカーボン社会実現のために、金属サイディングが有する優れた断熱性などの機能の活用も期待されます。
当工業会としては、リフォーム市場において現在主流の“外壁塗装”に対して金属サイディングの強みをどう発揮させて市場を切り拓いていくかという課題に取り組んでおり、製品の認知度向上を目指しております。
皆様におかれては、より効果的なご使用と特性をご理解頂ければ幸甚でございます。

会長 中尾 卓